専門学校でCGクリエイターになる

CGクリエイターとは、コンピューターを用いて2次元または3次元のグラフィックスを作成する仕事です。まずは原画をベースに形状データを作成します。作成したモデルを画面に配置して、光を当てたりマテリアルを設定したりして、よりリアルなグラフィックへと仕上げていきます。最終的に動きやエフェクトなども追加していきます。映画、ゲーム、アニメーションだけでなく、プロダクトデザインの分野でも活躍することができます。

CGクリエイターは特別な資格が必要と言うわけではありませんが、専門知識やスキルがある方が有利な場合が多く、独学でCGデザイナーを目指すよりも専門学校等でコンピューターグラフィックデザインを学ぶことは強みになります。アーティスティックな仕事なので、物まねではなく創造力なども必要です。

CGクリエイターの収入は会社勤めであれば、一般的なサラリーマンと変わりません。専門性が高く忙しい割にはあまり優遇されていないようです。ただし、CGクリエイターは個人の力量が評価されれば一定の相場で測れない性質があるため、将来的に独立することでかなり稼げる可能性はあります。

時代はITに支えられており、社会はIT無では成り立たない時代になりました。CGも我々の日常生活と切って離せない物となっています。そのためさらにCGクリエイターの活躍の場はさらに広がっていくことでしょう。専門技術と高いスキル身に着けたCGクリエイターは貴重な存在となっていくでしょう。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket