CGクリエイターの苦労

CGクリエイターと名前だけ聞けば、いかにもトレンドの最先端を行く職業の様に聞こえますが、作品こそ華やかな表舞台に立ちますが、実際の作業は地道な側面があります。一生懸命作った作品がうまく活用されずに思うような評価を受けられない場合もあります。

クリエイティブな仕事は、ギリギリまで納得のいく作品に仕上げるために納期直前まで厳しい状況で体力的に厳しい状況に追い込まれることもあります。若いうちは気合で乗り切れるかもしれませんが、年齢を重ねるとなかなか厳しいものがあります。多くの関係者との協業ということもあり、いい意味でうまく手抜きをすることがなかなか難しい場合があります。

ITはドッグイヤーと言われ、技術の進歩が著しいです。仕事だけに終われて勉強を怠れば、新しい技術に取り残されて時代に取り残されてしまう可能性があります。日々忙しい作業に追われながら、業界の動向や新技術などの習得を常に意識し続けなければならないというのは年齢を重ねるごとに負担になります。

とは言え、こういった側面は、CGクリエイターに限った話ではなく、どんな業種においても同じことが言えます。日々作業をこなすだけでなく、将来のビジョンを描いて目標をもって業務にあたり、スキルを磨く必要があります。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

専門学校の選び方

CGクリエイターは、専門的な職業であるため、できるだけ専門学校で専門知識や技術を学んだ方がいいです。何事においても基礎を学ぶことは重要です。基礎がしっかりしていればトレンドの変化にも柔軟に対応することができる柔軟なCGクリエイターになるベースを築くもとができます。

CGクリエイターになるための専門学校ですが、大きくデザイナー系IT系の二つに分かれます。デザイナー系は、見た目や配色などのデザインを中心に学びます。それに対してIT系は、CGソフトやWebデザインのスキルなどの基礎を学びます。いずれもCGクリエイターの基礎を学ぶ点では共通していますが、将来希望する職種によって専門学校の選び方も変わります

CGクリエイターの活躍の場は細かく分けると多岐にわたります。たとえば、映像系プロダクトデザイン系では要求される技術は全く異なります。つまり用途によって技術が異なるため、事前にやりたい業種にマッチした専門学校を調べる必要があります。とはいえ実務経験に勝る成長方法はないので、実務がカリキュラムに組み込まれた学校を選ぶ方法もあります。卒業生の声や、活躍している企業なども学校を選ぶ際の参考情報として役に立ちます。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

CGクリエイターのやりがい

CGクリエイターの仕事は、クライアントの要望にこたえなければならないため、自身のやりたいようにやればいいというものではありません。逆に、自分本位ではなく、クライアントと調整を重ねて何もない状態からCGを完成させた時の達成感は言葉に言い表せないものがあります。さらに、クライアントから褒められると達成感もひとしおです。この達成感を味わいたいがために努力するCGクリエイターも少なくありません。

また、自身の作品が大勢の目に触れて評価されることもやりがいにつながります。ただし、常に良い評価を得られるわけではあません。時には厳しい評価を受けることもありますが、それはそれで次への糧として受け止め、モチベーションにもなります。

映画やアニメなどのCGを担当した場合は、作品の最後にエンドロールに名前が表示されるかもしれません。作品の一部として自身の名前が刻まれると、それは自分の仕事が歴史の一部として刻まれた証です。なんとなく観ていたエンドロールが本人にとってとても貴重なものとなり、それを目にした時には感慨深いものがあるでしょう。

有名な作品を手掛けることができればやりがいもより大きなものになります。自慢にはなりますが、家族や友人等に褒められた時には自分の仕事を誇らしく思えることでしょう。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

専門学校でCGクリエイターになる

CGクリエイターとは、コンピューターを用いて2次元または3次元のグラフィックスを作成する仕事です。まずは原画をベースに形状データを作成します。作成したモデルを画面に配置して、光を当てたりマテリアルを設定したりして、よりリアルなグラフィックへと仕上げていきます。最終的に動きやエフェクトなども追加していきます。映画、ゲーム、アニメーションだけでなく、プロダクトデザインの分野でも活躍することができます。

CGクリエイターは特別な資格が必要と言うわけではありませんが、専門知識やスキルがある方が有利な場合が多く、独学でCGデザイナーを目指すよりも専門学校等でコンピューターグラフィックデザインを学ぶことは強みになります。アーティスティックな仕事なので、物まねではなく創造力なども必要です。

CGクリエイターの収入は会社勤めであれば、一般的なサラリーマンと変わりません。専門性が高く忙しい割にはあまり優遇されていないようです。ただし、CGクリエイターは個人の力量が評価されれば一定の相場で測れない性質があるため、将来的に独立することでかなり稼げる可能性はあります。

時代はITに支えられており、社会はIT無では成り立たない時代になりました。CGも我々の日常生活と切って離せない物となっています。そのためさらにCGクリエイターの活躍の場はさらに広がっていくことでしょう。専門技術と高いスキル身に着けたCGクリエイターは貴重な存在となっていくでしょう。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket